mauve-pink’s blog

タッキーが大好きです。海里副社長に捕まって滝翼の魅力に気がついた滝翼ファン1年生です

初めての現場 (MC編)

ボールペンと紙を持参し席でスタンバイ

両隣の安藤先輩から驚かれる。

タッキーが目の前で生バンドの演奏で生歌を歌ってくれる貴重すぎるその姿を、一瞬も見逃したくないから、メモは本当に最小限のワードしか書きませんでした。

 曖昧な記憶が薄れないうちに書き留めます。

MC

いや~なんか不思議な感じですね。

だってこっち仕事してんのに、みんな飯食ってんだもん!笑

ディナーショー初めてなんで、僕も探り探りな感じですけども。

なんかその辺、声デカイ!笑

いや~今日は大人な雰囲気ですので、真面目にやろうと思います。会場ブーイング(^^)

今日はふざけませんよ。真面目な滝沢、真面目オンリーで行きますので。エアギターとかやりませんから。

(客席を見渡して)

勝ち組~。ドレスや着物なんか着ちゃって。

ディナーショーは大人な雰囲気。10代や20代では出来ない、30代になった今だからこそ出来る。そんな歳になったんだなぁと感じています。

 質問コーナー

事前に各テーブルで話し合い、タッキーへの質問を考えておくよう言われる。

57番テーブル中、答えてくれたのは3テーブル。

f:id:mauve-pink:20161224234032j:image

1回目に当たったテーブルは、代表者が名前を聞かれ、15周年の計画について質問。これ本当良い質問。

 『タキツバ15周年の計画?

え?ここでべしゃるの?(べしゃるって笑)

決まっているか決まっていないかといえば、決まっています。僕らの中では。』

 

2回目に当たったのは私の座ったテーブル!

皆さんギャアァァ~と驚き喜ぶ。

照明が当たって、タッキーがめっちゃ見てくるから恥ずかしくなる。

私のテーブルは、皆さん気さくでノリが良く、声デカイとタッキーが反応してるエリア付近で、

当たった3テーブルの中では、ひときわ盛り上がっていた。

マイクが入ってるか、マイクをポンポン叩く代表者さんを見て、『マイク入ってるよ!』

 とイジりスイッチが入ったタッキー。

名前を聞かれ、タッキーに名前呼んでもらってキャー♡となってる私達に

『そこ!もう喜んじゃってるから、次いこー!』とまだ何も質問してないのに、次のボールを引こうとし、代表者さんすかさず前に手を出す。

『そこ!芸人さんみたいな事しないの!』とイジる。

私、大阪住んでたんですが、関西の人って本当こんな感じなんですよ。皆さん面白いんです。

タッキーの使っている香水は何ですか?と聞かれ、両手首の匂いをクンクン嗅ぐタッキー。

『今、つけてるやつ?』

『宣伝みたいになるから、言いたくないんだよなー』

会場から\ちょっとだけ~/

『カトちゃんみたいな事言わないの!』

『じゃ最初の一文字だけ。ジ。』

会場ピンと来ない。

『ジ、と言えばコレしか無いでしょ!』

最後の一文字を聞かれ

『シ。』

GIVENCHY!私でもわかりました。

『ジ○○シーの』と言って、あとはジェスチャーで教えると言うタッキー。

なぜか上を向きながら目を瞑り、両手を自分の両胸に当てる仕草。

会場『おっぱい!』

『違うよ!!』また目を瞑り両胸に手を当てる仕草。

会場から『何パイ?♡』

『大人になったら、これだからヤなんだよ!』下ネタに苦笑するタッキー。

3回目に当たったテーブルは、お静かなテーブル。何を聞くかまだ決まってなかったみたいで、全然ガツガツしていない。

声デカイ!とタッキーが反応しているエリアを見て、

『ほら!こっちは上品!いらっしゃいませ~』とお辞儀をしてふざけて対比する。

で、出てきた質問は

『タッキーが好きなスポーツは何ですか?』

ま、真面目な質問…。

『え?そんなんでいいの?なんかもっと困らせられるかと思った!』←これはどのタイミングで言ってたか忘れました。

ダイビングにハマっているのは皆さんご存知のとおりで、答えもやっぱりダイビング。

完全プライベート映像もありますんで、楽しみにしといてください。

 

レポって難しいですね。

なんせ記憶が飛び飛びなもんで…(ToT)

たくさん抜けてると思いますが、

これにて終了にさせていただきます♡

 

 タッキーにとっても人生で初めてのディナーショーで、しかも初日は、他の方も仰ってたのですが、私から見ても緊張しているように見えました。

出席者も、初めてで緊張していました。

タッキーの事だから、回を追う毎に、経験を積んで、余裕も出て来て、きっと明日の最終日は最高に盛り上がるんじゃないでしょうか。めざましテレビ楽しみです!

 

目の前で歌って踊るタッキーは、慣れた感じで軽々ターンするタッキーは、顔をコクコクさせてリズムを取るタッキーは、もう…やっぱりもう素敵でした。