mauve-pink's blog

mauve-pink’s blog

タッキーが大好きです。海里副社長に捕まって滝翼の魅力に気がついた滝翼ファン2年生です

オタク少し息を吹き返すの巻き

滝沢さんのディナーショーのお知らせ。

私はこれを警察署で知った。

初めて遭った交通事故の現場で、ショックで号泣していた私を、警察官の担当の方が、少し離れた所に連れて行き、『○○さんは、ダンプカーの運転手を罪に問う事ができます。罰する事ができます。どうしますか?』と聴かれた。

『交通事故に遭ったのが初めてで、無知で何もわからないので、教えてください』と言った私に、『○○さんが人身事故にすると、運転手さんが免停になり、罰金を40~50万払わないといけなくなる。運転手さんもやりたくてやった訳ではない。どうしますか?』と聴かれ、訳も分からず物損事故扱いになった。

 

自力で自転車に乗って、電車に乗って病院に行き、交通事故に遭った直後でさえ、私はタクシーに乗らず節約していた。

救急車呼びますかと事故現場で聴かれ、意識不明とかじゃないから、この程度で救急車に乗ってはいけない気がして大丈夫ですと断った。

現場で頭を打ったと伝えたら、見せてくださいと言われ、見せたら、運転手さんは『出血はしていませんね』と言った。

現場では色んな人が自分の役目の仕事に夢中で、交通事故で怪我を負った被害者の私の身体を心配してくれる人は一人も居なかった。

今思うと、あの時、怪我をした私を、一人で自転車に乗って帰さず、タクシーを呼んで病院に送ってほしかった。

行った事のない脳神経外科の病院の地図を片手に、地図をグルグル回して私は道に迷って、歩き回った。結局、病院に無事辿り着けたのは、怪我をしてから結構な時間が経っていた。

帰りもタクシーに乗らず電車と自転車で帰宅した私は、今思うと無理をしていた。

 

その日の夜、お風呂に入る時、足に大きなアザがいくつかあるのに気づいた。

次の日、身体のあちこちに痛みが出た。

体育の日の三連休に入ってしまったため、ここでも救急を受診するほどではない、休んでいようと思って、連休明けに病院に行く事にした。

 

連休中、色々交通事故について調べていると、私は明らかに怪我を負っているのに、物損事故になっている事はおかしいと思い、警察署に電話をしたら、その担当者さんはまた『運転手を罰したいんですか?』と聴いてきた。私は『罰したいとかではなく、私は怪我を負っているので、物損事故ではなく、人身事故に切り替えたい』と申し出た。そこでも散々言い負かされそうになったが、私は何と言われても、怯まなかった。

すると、警察署に事故直後にかかった病院の診断書と印鑑を持って、手続きに来るよう言われ、夜勤などがある担当者のスケジュールに合わせ、最短で10月11日に警察署へ行った。

自転車の写真を撮るので警察署に自転車を持って来るよう言われ、足が痛かったのでタクシーで行きたかったけど、事故後初めて、自転車の後ろに息子を乗せて、用心して遠い警察署まで行った。今思うと無理をしていた。

怪我をした身体で息子を連れて、病院に診断書や紹介状をもらいに行くだけでもヘトヘトだった。

無事、人身事故への切り替えが完了し、警察署を出る前にスマホにヲ友達から『タッキー、ディナーショー決まったね!』とメッセージが来たのを見て、私は今年もDSがある事を知り、明るい気持ちになった。